top of page

#7 目標達成なるか①

#6 の後


「和歌山の河川は10月でも黄色い鮎が釣れるよ。」と教えてもらったので、残り少ない今シーズンの目標を2つ立てた。


① あと2~3回は行くこと!

② つ抜け(10匹越え)すること!


 

まず①


来シーズンとなると半年以上空いてしまう為、今シーズン中にもう少し慣れておきたかった。



結果から言うと、4回行けた!



その内3回は、日置川へ。

すっかり日置川ファンになっていた。


この時に参加させてもらった「森のお宿」さん主催の釣り大会は、とても良い経験になった。


生まれて初めての釣り大会。50名ほどで時間制限3時間。



オトリ鮎を配布してもらい、好きなポイントへ徒歩移動する。


オトリは一番最初に配ってもらった。


なのに、前回使った仕掛けが絡まっていて出遅れる。


慌てて新しい仕掛けをセットするも、竿と長さが合わない。


あれ?どうやって合わせるんやっけ...?

あ!そうや。この間は合わせてもらったんや。見てなかった~(;▽;)


誰かやってくれる人がいると全然成長しないタイプやと思った。


仕掛けを見ると調整する場所は分かったけど、海釣りのように竿置きもないし、リールもないし...。

竿を担いで変える?でも調整するところは上のほうやし...。


と考えている間に、みなさんもう準備完了。



スタートの合図が鳴る。



むちゃくちゃ焦ってしまい、結局、良くないのかな...?と思いながら恐る恐る竿を河原に寝かせてしまった。

(大会が終わってから聞いたら、やっぱり河原に置いてはダメとの事で、調整方法を聞いた。)



調整が完了して、遅れてスタート。


ネットや人から見聞きした事を自分なりに試してみた。



初心者がやったらこうなった!①

<鮎は力が掛かる反対側に動く?>


←こっちに引っ張ったら、あっち→に


......い、行かへん(;▽;)



初心者がやったらこうなった!②

<持ち上げてから糸を緩めると、尾っぽを振りながら底に潜って誘いになる?>


持ち上げてみた。グンと潜る。掛かった感触と間違う。すぐ上げる。掛かってない。

グンと潜る。今度こそ掛かった? すぐ上げる。あれ、掛かってない。グンと潜る。

あ!今度こそ?


......底に付く間もなく上下を繰り返した(;▽;)



初心者がやったらこうなった!③

<自然の泳ぎが一番の誘い?自由に泳いでもらう>


スイスイ~と気持ちよさそうに泳いでいくのを見守ってみた。

あっという間に遠くに行って、オトリと一直線の綱引き状態。

さらにグイグイ引っ張られているけど、ピーンとなりすぎて戻し方が分からない。

力任せに引き抜いてみた。

水面を勢いよくバウンドしながら戻ってくる可哀相な鮎。


......なんかいろいろ違うっぽい(;▽;)




そんな感じで

こうか?これは?

合ってる?間違ってる?

なんか絶対違くない?

と思いながら、必死の3時間だった。



あっという間に終わりの合図が鳴って

釣果は...


無念と必然の0匹!!



1匹でも釣れるようになったところを見てもらいたかったのに、残念(;▽;)


でも、集中している時間と、終わった後の疲労感と開放感が気持ちよくて、とても面白かった。


自分の性格を考えて、上達するには大会に出ると目標が出来て良いかも!と思った。


 


釣行4回の内の残り1回はどこへ行ったか?!と目標の②つ目を達成したか?!については

長くなってしまったので、次回へつづく。。。






最新記事

すべて表示

#10 待ちに待った

2016年シーズン解禁 早く鮎釣りがしたい! 早く大会に出たい! やる気満々なわたし シーズンオフ中に大会の事を色々調べた結果 メーカーさん(シマノ・ダイワ・がまかつなど)のメジャー大会はちょっとコワイ😅 だって掛かったらあっちこっち走られちゃうし 取り込みもままならないし 他の人のじゃまになりそう・・・ ぶつぶつ言い訳して やる気満々な割にはビビっていた ということで申し込んだのは 岐阜のレデ

Comments


bottom of page